鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

2014年08月

 (2コメント)

479: 恋人は名無しさん 2008/07/11(金) 19:15:03 ID:DI3h8QceO
彼氏が同僚と出張と嘘こいて浮気しているところに突入して、変装して笑顔で写真撮りまくって逃走。
私がやったとバレなかったので、そのまま交際継続。浮気も継続。
その間も証拠を集め続け、時期を見てあの時の写真を暴露。
アイコラとほざくので制裁。
仕事なくし女に逃げられ親に殴られ。
ざまあみろ。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

585: 名無しさんといつまでも一緒 2008/03/02(日) 15:38:31 0
プリを口説いてる最中にバレますた。
メールは冗談だと言い切って、元に戻ろうとしたけども
ヨメが情緒不安定になっちまって、ゲッソリやせて、入院した。
子供の面倒見たり忙しくて癒しがほしくて、また前の女とメールしてたら
またバレて、ヨメ自殺未遂…
プリ候補もおれのこと好きになってたみたいで、かなり良い感じの返事くれてたから
ショックだったみたいでね…
ヨメの親から離婚しろと迫られたけど、拒否ってみた。
メールも消したし証拠もないし…あとはヨメが復活してくれればいいんだけど
前のかわいいヨメには戻らないだろうか…

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

231: 恋人は名無しさん 2008/07/05(土) 17:26:11 ID:hy/BnX4W0
俺が大学生だった頃の話。

当時アパートの一階に住んでいて、
窓際の雑草が伸びてきてたので草むしりをしてた。
で、どうも俺の部屋の真上の人が喧嘩をしているようで
なにやら怒鳴りあっている。
男の声と女の声がするので痴話げんかかなー
なんかあったら助けに行くかなー、なんてチラチラ気にしてたら
突然ガシャーンと言う音がして、とっさに二階を見ると
ガラスの破片とテレビとテレビ台が降ってきた。

びっくりしてよけることが出来ずガラスの破片が顔面直撃
テレビは俺の右ひじを直撃
衝撃で跳ね上がった拳が俺の鼻を直撃
「ぶっ・・・ホワー!ホ・・・ホワー!!」という自分でも良くわからない叫び声を上げてしまった。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

535: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/03/29(木) 23:24:13.58 ID:KcTVZr7/0
私 
彼男 今日から元カレになった
友男 彼男の親友で幼なじみ
友子 友男の彼女兼彼男の彼女

少し前からなんかひっかかることがあって彼男の行動とかを見てた。
浮気してることが分かったので問い詰めると彼男が逆切れしてきた。
謝らないことに腹が立ったのでフェードアウト狙いで放置&着拒。
約一週間後に友子に呼びとめられてハンバーガー屋に入った。
友子から彼男を放置してることを諌められた。
めんどくさいので「へー」「ふーん」「それで?」
で聞き流してたら、彼男と友男が来た。
途中でなんかメールしてたところをみると友子が呼んだんだろうな。
彼男は妙に下手に出てきて「反省してる」とか言ってた。
友男はやたら高圧的で「浮気の一回くらいで」とムカつくこと言ってきた。 

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

229: 恋人は名無しさん 2008/07/23(水) 15:39:18 ID:V9FIMUZK0
微妙な修羅場ですが投下します。かなり長いです。
初カキコミなので至らない点があるかもしれません。ご指摘下さい。

私 女:20代前半 独身
ミカりん 女:40代前半 バツ1で子供2人。男関係超経験豊富。
竹ちゃん 女:20代なかば 独身。男関係はサッパリ
笹本さん 男:30代前半 既婚子供なし。
斉藤さん 男:30代なかば 独身オタク系。

名前は仮名。全員同じ会社です。社員は全部で100名未満の小さい会社。

私とミカりんと竹ちゃんは、私の送別会をキッカケにとても仲良くなった。
とにかく時間があれば三人で会って、お喋りに花を咲かせていた。
そして、ある日竹ちゃんに「実はずっと前から好きな人がいるんだ」と告白された。
私とミカりんは「それって笹本さんでしょ?」と即答。
笹本さんは竹ちゃんの上司で、既婚者。
竹ちゃんが笹本さんに片思いなのはバレバレなので特に驚きもなかった。
ちなみに片思い暦は約3年。
そして竹ちゃんは「なんだー皆気づいてたんだ。でもどうこうするつもりはないんだ。
ただ、彼は仕事のパートナーとして私を凄く大事にしてくれてる。」と言う。
確かに笹本さんはかなり人見知り(女の子だけ)だけど、竹ちゃんだけには特別優しくて、仲がいい。
ちなみに、奥さんと竹ちゃんはかなりソックリ(体系や性格)らしい。
こんな事が竹ちゃんの気持ちを増長させているようだった。
すると経験豊富なミカりんが「好きな気持ちは自由だと思うよ。告白したり迷惑かけなければね。」と助言。
私も「そうだね。でも早く他に好きな人出来るといいねぇ。」と言った。

この記事の続きを読む >