鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

2014年05月

 (27コメント)

910: 可愛い奥様 2013/12/01(日) 22:10:38.83 ID:86c8Alm50
長文です

同じマンションのA奥が妬ましくて仕方なかった
凄い美人で色っぽいし頭の回転が早くて会話も面白いし英語堪能
でも押しが強いではなくどちらかと言うと控え目で
誰かを立てる事がとても上手だった
他の奥にも可愛がられてて大人気でアイドルみたいだった
持ち寄りでホームパーティした時の料理もお洒落で美味しくて
私の旦那も他の家の旦那もメロメロだった
A奥の旦那は旧帝卒の医者で年齢の割に出世してるそうだ
私の旦那も世間的には低スペックじゃないけど
当時の私は愚かだったからA奥が羨ましくてたまらなかった
A旦那は背が高くて美形で格好良くて
近所の子供とも遊んでくれる気さくな人
女なんていくらでもつまみ食いできそうなスペック
マンションの奥たちも(冗談だろうけど)
A旦那さんになら誘われたら断れないよねーなんて言ってた
A旦那がA奥にべた惚れだったから言えた冗談だったけどね
でも当時の私は自分に自信があって
確かにA奥は美人だけど元モデル(売れなかったけど)の私だって負けてないと思い込み
A旦那に色仕掛けwを試みた
最初はA旦那は色仕掛けと気付かないで適当にかわされていたが
その内挨拶をしても無表情に生返事しか返って来なくなり
一度はっきり「迷惑だ」と言われた
それでも私はやめなかった
旦那に言うなら言えばいいと思っていた
むしろそれ位のきっかけがないともう引っ込みがつかなかった
最終的には完全に無視されるようになった

この記事の続きを読む >

 (23コメント)

577: 名無しさん@HOME 2013/10/06(日) 10:50:30.04 0
嫁との出会いが修羅場だった ネタだと思ってもらって構いません
当時俺24歳嫁18歳 全く面識はありませんでした

ある日の休日、趣味の写真撮影で結構夜遅くまで街をうろうろしていました
いい加減家に帰って寝ようかなーと思っていたら女の子(嫁)が声をかけてきました

嫁「あの…お兄さんちょっといいですか」
俺「どうしました?」
嫁「…私に援助していただけませんか?」
俺「?! え いや ちょ」
嫁「お願いです… 助けてください…」と号泣

とりあえずファミレスで話を聞きました
親が毒親で食事すらままならない 身体を売ってでも生きたいと号泣したので
お腹が一杯になるまでおごってあげました

その毒親の事を詳しく聞くと偶然にも俺の親父と関わり合いのある人で外面はものすごくいい人でした
こりゃーなんとかしてあげないと可愛そうだとおもったので親父に連絡→事情説明→親父ぶち切れ→毒親呼び出し

結果仕事面的にも肉体面的にも精神的にもフルボッコにされてました
んでそのまま俺の家に住むことになりました

この記事の続きを読む >