鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

2014年04月

 (5コメント)

626: 可愛い奥様 2012/06/22(金) 10:07:10.51 ID:d+iIj4giI
独身のとき不倫してた。
相手は学生時代からの知り合いで年上。
本当にHが好きな人でよく朝まで一緒にいたりした。
私も若かったから、体力あったし。 

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

640: 名無しさん@HOME 2012/02/20(月) 15:55:18.89 O
携帯からスンマソ。自分も修羅場だったけど、相手の方がもっと修羅場だったろうなあと言う話。
私子 当時二十代前半 饂飩屋勤務の調理師。たまにホールも手伝う。
相手 大人しそうな奥様四人。
店の場所柄、ランチ後半の主婦の方は珍しい。しかも全員釜揚げ饂飩注文。
他のお客様は三組ほどのまったりな空気で、茹で上がった釜揚げをお持ちした。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

631: 名無しの心子知らず 2013/06/11(火) 11:21:17.58 ID:BdZO5Zuj

子供が5か月の時に私の誕生日があったんだか、
旦那がわざわざ仕事を休みとってて。
「なんだろ?息抜きしておいでとか言ってくれるのかな?」ってワクワクしてたら
朝から晩までただ家でゴロゴロしているだけだった。
朝飯・ゲーム・昼飯・テレビ・ゲーム・昼寝・おやつ・ゲーム・晩飯…
余計大変だったよ!
その日、子供と寝る前に「私の誕生日に 二 度 と 休みを取るな」と言って部屋に消えたよ。
退職したら引きこもってゲーム三昧するって言ってるので
私はその頃には人生を退職するつもり…早く死にてぇ

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

928: 名無しの心子知らず 2011/10/02(日) 09:33:22.77 ID:r/LEbiPB
非常識な親多いよね~そんな親に育てられる子供が可哀相

某デパートでの目撃

若い子が化粧品見ていて、美容部員さんに、タッチアップしたいって話していたら
バキー押した女がやってきて、後ろからその若い子の足にわざとバキーをバンって当てて
女の子がびっくりして振り返った時に美容部員に、私が先だから!私急いでるから先やって。早くね。と言って、カウンターにヅカヅカ歩いていって座った

女の子はびっくりして、ポカーン・・美容部員は、こちらのお客様(若い子)が先ですのでお待ちいただきたいと断っていたが、
私、忙しいから早くして、の一点張りで、見兼ねた若い子が先どうぞって譲ってた。

バキーの女はありがとうの一言の礼も言わず、美容部員にはサンプルいっぱい入れて。金額が満たないのに、私いつも買っているんだから、このノベルティーつけてよ!としつこくねだっていた。

身なりだけは凄く小綺麗にしてた。


この記事の続きを読む >

 (5コメント)

851: 1/2 2013/03/17(日) 21:15:58.81 ID:72RpxuGd
25年前の従姉に起こった修羅場。
切迫早産しかけて通院していた産婦人科から専門の大きな病院に救急車で運ばれた。
絶対安静で個室、トイレも行けず管も入れられて面会も一日に2時間程度(旦那か母親のみ)で
頑張ってたものの早い時期に産まれて保育器に入り退院は2カ月くらいかかると言われた。
胎盤が剥がれにくく出血したので本人も輸血され、フラフラ。
産んだ後は同じように切迫早産で産んだ人のいる4人部屋に移された。
皆、赤ちゃんと別れ別れなので毎日母乳を搾ってびんに入れて保育器の部屋の赤ちゃんに面会に行く。
隣のベッドはその部屋で一番若い女性。
従姉より先に早産で産んでて毎日旦那が面会に来てた。
カーテン締めて母乳をしぼってるときにイチャイチャしてるのが丸聞こえ。
しかもだいたい平日なのに昼間来るので不規則な仕事なのかなと思っていた。
同室の人たちも「若いなー、すぐ次の子ができるんじゃない?」と冷やかしたりしてた。
ところがその若い母親は退院が近いのに急に個室に代わって翌日、
パジャマ姿の女が従姉の部屋にすごい剣幕でやってきた。
そしていきなり従姉の髪の毛をつかんで「お前か!」とベッドから引きずり下ろされた。
まだ立ち歩くのもフラフラな従姉は気が遠くなり声も出なかった。
同室の別の人がナースコールで助けを呼んで女は取り押さえられ連れて行かれた。
従姉は大事を取ってその日はナースステーションのそばのお産待ちの部屋に寝かされた。
毎日夜に面会に行ってた従姉旦那が昼間の話を聞いて夜泊りこむことに。
かなり夜遅くに婦長さんが事情の説明に来て詳しくは言わなかったが
「警察沙汰になってもおかしくないが人違いをしたみたいで本人も反省してる。
直接お詫びしたいというが、ご夫婦で会うか?」と打診。
従姉が嫌がったので旦那だけ会って詫びを受け入れた。

つづく

この記事の続きを読む >