鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

 (4コメント)

6: 名無しさん@HOME 2014/02/25(火) 18:00:19.96 0
自営業で支店がいくつもあったが子供のころから
母親は
「金がない」
と何かにつけて言っていた
月末の支払いの時になると両親が喧嘩ばかりしていた

大人になった数年後に親父が死に母親が社長になったが
しばらくして会社を畳んだ

しかし母が実はかなりの金額を貯めこんでいるのが発覚
しかも昔からうちはかなり儲かっていたらしく
「金がない」
といっていたのは母親の嘘
じゃあ何でそんな事を言ったのか?と聞くと
『金がない』というと父親が必死になって働くからと答えた
この事があって以降、母親と顔を会わせにくい

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

357: 名無しさん@HOME 2010/08/18 00:50:01
トメは下品で、孫にも下品な事を強要していた。
作法も皆無。
作法やルールを守り品良く振る舞うのが悪で、下品に振る舞うのが善という人だった。
買い物かごを盗んだり、レストランで家から持ってきたおにぎりを食べたり、シモネタを孫に教えたり、恥ずかしい事ばかりしていた。
孫の言葉遣いも下品な言葉遣いに言い直させられた。トイレは便所に。おを付けて話すと抜いて教える。
私はいつも神経質だとなじられてばかりだった。
私は白髪が増え、体調も頻繁に崩す様になった。
私は、明暗を思いついた。
いつも願い事を叶えて貰っている良く効く神社に祈る事。
コトメが良い所の品の良い家のお坊ちゃまと玉の輿結婚します様にと。
すると直ぐに願いが叶った。
コトメは、もの凄く金持ちのボンボンを連れてきた。更にボンボン母は茶道の先生をしていて品のある人。
向こうの親から少し結婚を反対された様だが、結局結婚にこぎつけられた。
トメは娘から注意される様になり仕方なく、本を見て頑張る様に。
だが、本を見ても理解出来なかったし、身体にしみついた下品は取れなかった。
娘が恥をかくのは耐えられなかったらしい。トメはイライラしどうしだった。
今までなじられていた分とても滑稽だった。
コトメも旦那母に習い作法の勉強を始めた。
今ではトメが胃潰瘍を患っているらしい。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

353: 名無しさん@HOME 2010/08/18 00:42:38
旦那と結婚してから顔を合わせるたびに『略奪婚のくせに』とうるさいトメ。
私も旦那も初婚なのに、馬鹿なことを…と何度も旦那が〆るんだが『大事な息子を私から奪ったんだから立派な略奪婚』だそうな。
ちなみに義兄嫁さんにも、義姉旦那さんにも同じことをネチネチ言いつづけて絶縁された。

そんなトメ。
最近、家の中にはアリが。
家の外には蜂が大量発生して困っているらしい。
ド田舎なんだから当たり前だろと旦那は放置。

確かに虫は多いところだけど、そこにほんの少しだけ私が手を貸している。
アリの行列は、呼び出されるたびに庭から勝手口まで少しずつ砂糖水をまいているから。
蜂は、庭の木の幹や縁側の裏に、酒と砂糖を混ぜたものを塗りつけたからです。(養蜂場ではどうやって蜂を呼び寄せるのかという番組で見たような記憶)
テレビではミツバチが集まったけど、こっちではアシナガバチばかりで、残念。

駆除を手伝えと電話がくるが、やなこった。

姉からもらった大事なコートを勝手に持ち出し虫食いだらけにされた恨みはまだ忘れていない。

でもまあ、元より汚宅なので、Gやムカデにちょっと仲間が加わっただけ。
すぐに慣れるさ。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

329: 名無しさん@HOME 2010/08/17 19:24:30
正直自分でも信じられないのでネタだと思って聞いてくれ。


姉の旦那の兄(姉の視点で義兄って事にしとく)が不倫をした。
もちろん義兄夫婦は離婚。だけど義兄を溺愛するトメが
「離婚はしたけど私や義兄ちゃんを養うためにこの家で一生暮らせ、寝床は倉庫だ」
とかわけのわからない事を言ったらしく、
義兄嫁は親戚やご近所さんに羽目鳥写真つき(義兄のデジカメに残ってた)で
これこれこうで離婚しましたと手紙を送った。
ついでに義実家を去る前に水場やお風呂、トイレを寒天で固めてきたらしい
手紙がきっかけで義兄とトメは物凄く厳しい親戚の家に送還された。
弟である姉旦那は縁を切った。


・・・義兄に聞きたい。
どうして不倫したのかよりも、

どうして不倫の相手がトメだったのかと聞きたい・・・・

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

6: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/04(土) 10:51:09.77 ID:aOZvdgvW
今まで生きてきて一番の修羅場は新婚旅行から帰ってきた日。
地元の空港に到着したら私と夫の双方の両親が迎えにきていた。
到着便は教えてあったけど、迎えにくる予定はなかったし
正直疲れてるからさっさとタクシーででも新居に向かいたかったのに。
けど、そんなどころじゃなかった。
当時は携帯電話が無かったし、新婚旅行先でニュースなんて見なかったし
全然知らなかったのだが、私らが浮かれている間に地元を台風が直撃していた。
私たちの新居のそばを流れている川が氾濫して2階建ての戸建て新居の1階部分が床上浸水。
川がやばいらしいと聞いて双方の両親が新居に集合し、
1階の荷物を2階に移動させようとしたらしいが
そんな時間もないぐらいアッと言う間だったらしい。
婚礼家具アウト、テレビもアウト、冷蔵庫などのキッチン家電も食器棚もその中の物もアウト、
シューズボックスも靴も全てアウト、清々しいほどに1階の荷物は全てアウト。
空港でそれを聞いたとき、旦那と私、爆笑してしまった。
人間ショックがでかいと笑うって本当だねw
少しでも“望み”があるとそれにすがってしまうけど、
こうまでやられてしまうと案外サクッと気持ちが切り替えられるみたい。
とりあえず新居を見に行って、そのあとそれぞれの実家に泊まることになった。
本来なら田舎のことだから結婚した以上義実家に行くべきなんだろうけど
義父母がいい人で、好きにさせてくれた。

この記事の続きを読む >