鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

 (13コメント)

159: おさかなくわえた名無しさん@転載は禁止 2014/11/21(金) 20:08:33.81 ID:PumdycGb
箱入りだった妹が一人暮らしを始めた時に、簡便メニューを教えろと言われいくつか教えた
その結果、調理器具である電子レンジ全損、単身用アパートの窓全壊壁にも穴、妹自身も全治6ヶ月の重症
妹が重症と聞いたのと、レシピを教えたのが俺ということで修理代やら詫び料やらのかなりの額を負担させられた修羅場

ちなみに妹に教えたのが
「器にカット野菜と缶詰入れて水少し足して5分位チンしてやると野菜スープとか温サラダ的なものができるからな、味付けは好きにしろ」
想像ついただろうが、妹は缶詰を密閉状態のままレンジで温めた
正直想定してなかった、くだらない話だが以上
妹の彼氏さんが料理の腕を褒めてたので両親と微妙な顔してたら思い出した

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

93: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/29(金) 17:48:20.49 ID:0udJAx2s
スレチだったら許して。
夫の実家はいわゆる「代々続く大きな家」。
そんな家の、私から見た義祖父のこと。夫の父親の父親。
1945年の原爆のせいで義祖父の行方が不明に。間も無く終戦を迎え、義祖父の職場から懐中時計や写真立て、帳面なんかが義祖母(夫の父親の母親)の元へ届いた。義祖父は遺体不明の死亡扱いで故人に。
いわゆる大きな家の次代が死んでしまった。しかも、戦争の中子供が生まれても幸せにはなれないと時の当代だった義高祖父(夫の父親の父親の父親)が言ったため跡取りなし。家中が悲しみに包まれた。
その後しばらくして、四十九日の法事を義祖母らが執り行った。その最中のこと。
戸を開ける音と「死人が戻ったぞぉ!」の声。義祖父は死んでいなかった。
要約すると、あの瞬間何が起こったのか大凡分かった義祖父は近くの家に飛び込んで壕を掘り、時間が経ってからひたすら西へ西へと移動を続けていた。
義祖父の理論では「偏西風で線量が減った頃」を計らって帰宅したとのこと。
義祖父が生きていたことに一族大喜び。話は義祖父の戸籍の回復に変わった。でも義祖父は回復しないことを選んだ。
義祖父「一族の中にいる人材さえあれば戸籍などなくて構わない。」と。皆が説得しても「今後こんな奴は現れないだろうから、いい例だと思ってくれ」と。
結局そのままで、義祖父は文字通りの生霊として過ごすことに。
1949年、義父が誕生。岐阜の戸籍の父親欄は空白。義父が義母と結婚する時もこの話になったんだとか。
戦争で生霊になったけど、宣言通り一族の人たちに支えられながら生き続けてる義祖父。この話を聞いた時ぶっ飛びそうになった。
そんな義祖父は先日104歳に。灯油のポリタンクを2つ持って歩きでスタンドへ買いに行く。
信じてもらえないかもしれないけど、本当の話。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

806: 1 2013/09/02(月) 23:37:04.21 0
流れを読まず、規制とけた記念に晒してみる。長文ですが良かったらお付き合いください。

夜中の2時に知らない番号から留守電が入っていて、
何の気まぐれか折り返してみたら、当時私が親しくしていた男性の、
内縁の妻さんだったことが今までの人生最大の修羅場。

自分と男性(以下男)が知り合った時は、二人とも30手前で会社の同僚の関係でした。
基本自分は男運が悪く、おまけに友人が不倫してて泥沼ったの見てたので、
「そういえば男さん、彼女とか居ないんですか?」とまずは慎重にフラグ立てたところ
「居ないよ。ところで今日帰り予定ある?」と絵に書いたような返事がかえってきたので、
ならば良しとデートっぽい事をする仲に。
途中男の方が転職していったのだけれど、縁が切れるでもなく
むしろメールは頻繁になるし、職場内でもなくなったから気を使う必要ないし
そろそろ正式にお付き合いかなー、あれ、でも進展ないなあ、
またなんか訳あり物件選んじゃったかな? と思っていた矢先に
問題のお電話でした。

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

791: 1/6 2012/05/21(月) 00:01:06.03 0
フェイク有り
事情あって弟に代わり私が家を継ぎ、彼が婿入りしてくれることになった
私父と彼父は、同じ厄介な持病持ちで意気投合し、長年の親友のよう
すっかり喜んだ両親は、私たちに自宅を譲ると言い出した
家は放っとくとすぐに竹やぶ化するし、いろんな害虫が湧くし、
何故か認知症のご老人達が徘徊した末の終着駅になってるし、色々大変
両親には管理がそろそろキツくなってきたので、私たちに家を譲って、
両親は町中にマンションの一室を買って暮らしたい、と言う
彼と相談して、結婚したら共同で両親から自宅を購入することにした

それを取り決めた数ヵ月後、彼父の家で同居してる彼兄・彼兄嫁と会った
初対面の彼兄嫁は明るい美人だった
二人で洗い物してる時に、こんなことを言われた
「地図で見たけど、実家広いねーお金持ちなんだねー。
 若いのにM町に自宅持ちとか、超セレブだよねー」

私の自宅があるM町は、昔は周囲の道路事情が悪く、地価も激安だったが
両親がそこの土地を購入、家を建てた直後に都市開発が始まり、地価高騰
交通の便はいいが自然も豊かという、今や人気の居住区になっている
そんな中でもうちは最高の環境なので、一番の金持ちと思われがちだが、
広い庭は全て市街化調整区域なので坪単価は激安だし、父は普通の退職リーマン
都市開発で財を成した人が多く越してきて、金持ちが多い地区ではあるけど、
M町住まいがセレブとか初耳だし、大都会でもないのに変な感覚と思った

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

794: 名無しさん@HOME 2013/09/02(月) 22:53:52.11 0
正社員やりながら、パソコン教室の講師をお小遣い程度やってる。
今日母親から電話かかってきて、「あんたPCくわしいから、教えて」と、
パソコン習って正社員になるなら、どれぐらいパソコン使えれば
いいのか、と聞かれた。エクセルとワードの資格とれば、と教えた。

数分後、また母からかかってきて、どこでそれは習えるのか、と聞かれた。
市のパソコン教室とか、専門学校とか色々あるよ、と教えて電話切った。

数分後、また母から、市のパソコン教室はどこにあるのか、いくらぐらいかかるのか、
と連絡がきた。自分も知らないし、自分で調べろと伝えたら、
「職場仲間が、分からないと言って泣きついてくるのよ」と困りはてた声を出した。
母の寝る時間になっていたので、自分の電話番号を教えていい、と伝えた。

そうしたら、自分と同い年らしい女が、電話かけてきて、挨拶もそこそこ、
いきなり身の上話はじめた。夫が借金つくった。小さい子どももいる。
だから正社員になって働いて、自分が生活支えなきゃ、と泣く。

パソコン今から覚えて正社員になるよりも、自己破産するなり、
旦那と離婚するなりして、生活立て直す方が先なんじゃ・・・と
思わずツッコんじゃったら、「子どもを普通に育てたい」
「マイホームがどれだけ持つのが大変か」と言って、聞かない。
無料法律相談所は「そんなの知らない。何だか怖い」。
パソコン関係ない、レジ打ちとかいつでも働けるんじゃ・・・
「大卒なのにそんな程度の低い仕事したくない」
じゃあ今までの経験活かして何かしたら「バイトでしか働いたことない」

この記事の続きを読む >