鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

 (0コメント)

33: 名無しさん@HOME 2014/02/08(土) 12:32:39.95 0
何かの詩みたいになっちゃったけど。

夢だったのか現実だったのか記憶違いだったのかも分からない
幼児期の朧な記憶。

夜中に目が覚めた。父も母も居ない。廊下に出た。声が聞こえる。
声の聞こえて来るほうへと歩いた。
父と母が机に向かい合って座っていた。
父は椅子から立ち上がり母を指差し何か言っている。
母は机の上の紙とペンを取り父に投げ付け泣きながら何か言っている。
父は怒鳴り始めた。母も言い返している。
私は泣きながら父と母の元へと近づく。
母は急いで私を抱き上げる。父は私を見ている。
寝室に戻って母と一緒に横になった。父も戻って来る。

私の知っている限り仲の良い父と母なので逆に強烈に刻まれた。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

5: 名無しさん@HOME 2014/02/07(金) 23:13:15.18 0
昔の話しだけど、彼女の中古で買って
10万㌔を余裕で越えている軽カーの調子が悪くなった
新しいのを買うことにしたから車屋巡りに付き合ってと頼まれたので
二つ返事で一緒に行くことにした
色んなメーカーの車を見て回ったんだけど(車名はフェイク有り)
ワゴンRを見て目を輝かせながら「中は広いし綺麗だよね。これが一番だね!」
次にライフを見に行ったら前の車のことなど忘れたかのように
「中も外もカワイイ。この車しか考えられない!」
そしてステラを見に行ったらこれまた前の車のこと(以下略)「私、こんな車が好みなの。これしか無い。」
さらにムーヴを見に行って(以下同)「これこれ!絶対この車に決める!」と言ってムーヴを買った。

俺は彼女の言動をリアルタイムで見て、ある日いきなり「運命の人見つけた!」とか言って
捨てられるんじゃないかという強い不安に駆られた

7: 名無しさん@HOME 2014/02/07(金) 23:25:29.45 P
で、捨てられたの?

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

887: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/18 07:30:08 ID:6PLzIf3o
友人がスーパーでレジ打ちのバイトを始めた。
私が買い物に行った時に「いいから、いいから」ってレジを打たないで通そうとした。
普通に買うからって言ったけど、親切のつもりで言ってるみたいで全く話が通じない。
結局買い忘れた物があるって言ってレジに並ぶのをやめて、別のレジに並び直してお金を払って帰った。
その後学校で友人に会った時「私の親はお金払わないで行くし、気にしなくていいのに」って言われて、友達やめようって思った。
仲良かったのに、泥棒親子にしか見えない。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

838: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/16 21:22:04 ID:ncJrf88c
半年位の間私的にバタバタしていて多忙につき人とも会えずガリガリにやつれたりもしたけど、
何とか復帰できて自分にお疲れ旅行や投資を始める位余裕が出来た。
その事は友達も知っていて買い物に付き合ってくれたり飲みに行ったりしていた。
ある日友達Bが痩せて肌がひどい状態だからと試しに高価な美容液を使わせてくれた。
効果はバツグンでガサガサでくすんでいた肌はプルプルになる感触に感激。
でもものすごく小さい小瓶で数千円する。これも投資だ!と思い切って私も買ってみた。
ある程度肌が戻ってきたので使用頻度は減ってきていた。

ある日自滅型な性格の友達Aが人間関係でトラブルを招いて自滅。周りを巻き込んでの騒動に発展したので、私が仲裁役を頼まれてしまった。
その話し合い前の打ち合わせをする為にAの家に泊まる事になった。
流石深々共に疲れていたAは前より老けてえた。本人にも自覚はあるみたいで、
「そうだ!Bに聞いたんだけど○○美容液使ったら綺麗になったんだって?」
と、私のポーチを漁り始めた。
旅行中は肌が荒れたりするから普段使わなくなった美容液を旅行用に携帯していたのでそれを見つけたようだった。
「Aも肌荒れてるから使ってみる?数滴でうまく伸びるよ~その蓋についてるスポイドで取って…」
と説明始める前に蓋をとって瓶を逆さにし掌にジャバー!
掌から溢れる液体をこぼしながら自分の顔にビシャー!バシャー!
私は声にならない悲鳴をあげた…

Aは液が高価だと知っていて私が滞在しているうちに綺麗になってやる!とわざとやったらしい。
そして帰ってポーチを確認したら粧道具がいくつかなくなってしまっていた。
呆然としてしまって注意力なくしてたんだなぁ。
結局他にも厚かましい事が多くて呆れたので仲裁できる内容もなくAは擁護出来ないと判断して早めに話し合いを切り上げて帰った。
帰る前に旅行カバンを持ってあげると言いながら私の足にわざと落として骨折させたのも縁を切るきっかけにはなりました。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

807: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/15 14:01:24 ID:bIwzCm5v
駅のホームで快速を待って並んでた。
そしたらオババが新快速の並び位置の先頭(快速並び場所のすぐ横)に並んだ。
もちろん俺の後ろにはオババより前に並んでた方々がズラリ
快速が来た瞬間オババはどさくさ紛れに俺の前に飛び込んでこようとする→俺、降りる人の為に横に避けてオババが割り込めないようガード

オババ舌打ち&「若者はこれだから」と呟きながら、降りる人おしのけて乗り込もうとする→降りてきたオッサンにぶつかって
オッサンに怒鳴られてオババびびって泣きそうになってた
オババがオッサンに解放される頃にはオババより先に並んでた人は全員席ゲットで座る場所がない

オババ、わざとらしく咳き込みながら座ってる人をチラチラ
さらに足をわざとらしくフラつかせながらヨロヨロ動いてた
しばらくしてオババの携帯鳴る→今までの行動全部ウソっぽい感じで
しゃきっとしながら爆笑しながら電車内で大声で通話
「最近の若い人はほんとなってないわよねー!」
と、電話口でしゃべってた。他の乗客唖然としてた

この記事の続きを読む >