鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

 (4コメント)

265: 名無しさん@HOME 2012/03/07(水) 04:58:20.34 0
すごく気になる流れをぶった切って悪いけど投下。

父は私が物心ついた時からすごく癇癪持ちで突然ブチギレるDV男だった。
以前は母方の祖母と同居しており、酷い事態にはならなかったようだが、
数年後にマイホームを建ててからは母方の祖母とは別居。
それから紆余曲折して父母私妹の4人で暮らし始めた途端、父のDVが激化した。
この時私は小学校低学年だったと思う。

父のDVは私の知る限り身体的・精神的暴力が中心で、理不尽な理由でブチギレた。
唐揚げの味付けが気にいらなければしかめっ面で一つずつ熱々の唐揚げを母に投げつけ
「俺に不味いもの(でも母は超メシウマ)食べさせやがってーふじこふじこ!!」とファビョったり
逆に父が料理した時にソースが天井に飛び散った(経緯不明w)ことに勝手にブチギレて
家中を怪獣のようにドシドシ歩き、バタンガタンと扉を閉め、怒鳴り散らしたりしていた。
とにかく何が地雷かわからなかったので、ずっとビクビクしながらの生活だった。

母が声をかければ殴り倒して首を絞め、私や妹が止めると余計に激昂して手がつけられないので
母はいつも私たちを2階の部屋に押し込めて一人でサンドバックになっていた。
私が中学生の頃にはDV周期がどんどん短くなり、癇癪を起しては暴力にプラスして
テーブルを窓から投げたり壁に穴をあけたり、私の部屋のふすまを破壊したり等、家を壊すように。
家を壊し始める辺りはもう私の進路にも激しく干渉するようになり、ここら辺からは最大の修羅場でした。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

844: 名無しさん@HOME 2009/08/25(火) 16:01:40 0
帝王切開で子どもを産んだんだけど、
「出産一つまともにできないなんてねぇ」と言われ続けて1年半。

子どもがちょっと泣き止まなかったり、イタズラしたりしただけで
「産まれ方がまともじゃなかったからねぇ。可哀想にねぇ。
大きくなってからも苦労するわ、普通に産まれなかったから」とグチグチ。

冷静に反論しても、怒鳴っても、泣いて切れても無駄で、
仏壇(ウト鬼籍)に向かって聞こえよがしに
「嫁子さんはちょっと精神的にほら、アレだから…。
孫子も似てるところがあるのよね、困ったわね」と独り言。

近距離別居だったんだけど、黙って隣の市に引っ越した。
もちろん引っ越し先も内緒だし、携帯の番号も変えた。
その後、子どもを実母に預けて、夫婦でトメの所に行った。

夫からトメに「悪いけど、子どもはそろそろ言葉を理解してきてる。
家族が母さんに傷つけられるところ、見たくないんだ。
これまで何度言ってもわかってくれなかったから、こうするより仕方ない」
と絶縁宣言。

トメは、「そんなつもりじゃ」とお決まりの台詞を繰り返してたけど
私はにっこり笑って、
「もうこの先は二度とお会いすることもないと思いますが、お元気で。
今までありがとうございました。さようなら」って言ってやった!

冷静に、にこやかに、言えたことが今でも私の誇りww
以来3年間、音信不通です。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

722: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/17(火) 21:41:58 ID:ZUzpeUKK
カートに商品を乗せて、店頭で陳列作業していた。
おっさんがカートに思いっきりつっこんできてこけた。
商品は無事だったが、あーあと思って見てたらキレだした。
こんなところにカートを置くのが悪いと。
いや通路広いんだし、前見て歩けよボケ。
「はぁ失礼しましたお気を付け下さい。」
と言ってやったら
「出るとこでたっていいんだぞ!!」
出ればいんじゃね?店外に。と思った。
じーっと見てやったらどっかいった。

買い物もしないで一日中休憩スペースで喋ったりしてる
あんたは客ではないでーす。階段でこければいいのに。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

507: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/12(火) 21:09:26.67 .net
俺の住んでた1Kアパートの玄関で

嫁「だ、大丈夫ですか?救急車を呼びましょうか?」
俺「…大丈夫です」
嫁「それじゃ、一応決まりなんで、お薬の説明をさせてもらいますね」

ちょうど10年前の今頃のことだと嫁から聞いて
久しぶりに思い出したので、記念に

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

717: おさかなくわえた名無しさん 2010/08/26(木) 11:13:29 ID:YkIYdsug
昨日見た光景
ドラッグストアで薬剤師さんが、見た目いかにも893な
ウガンダトラを健康にしてデカくして怖くしたみたいな
スキンヘッドで黒いスーツを着た衝撃的に怖いオッサンに絡まれていた。
クレーム付けられてるのかな?怖いなと思いつつも野次馬根性で
近くの棚の商品を見てるフリをしながら聞き耳を立てたら、オッサンはこんな事を言っていた。
「従業員の一人に物凄いワキガのやつがいて、かなわない。匂いを抑える薬は無いか?
ただ、そいつにワキガだと言うのは可哀想なので、従業員全員にお前ら汗臭いといけねぇから
これを塗っておけ、とさりげなく言って渡したい。なのでワキガ治療薬などと書いていないもので
ワキガじゃないやつが塗っても害の無い薬が欲しい。」
と、こんなような事を相談していた。
薬剤師さんは酷いワキガは手術しないとねぇなどど言っていて
オッサンは「本当に臭いから手術させたい。でも、俺からは言えねぇよ、傷付くだろ」
と、頭を悩ませている様子で、見た目と相反する優しさと繊細さに衝撃を受けた。

この記事の続きを読む >