鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

 (3コメント)

114: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)15:37:27 ID:YpuVvi93A


24歳の時に突然見合い話が舞い込んだ。

子供相手のある教室のお手伝いを本業(派遣社員)と別に時々やっていたら
生徒さんに付き添ってきたおばあちゃんになんか気に入られちゃって
息子の嫁にって見合い話があった。
当時彼氏いない歴2年かそこらだったし、友達がぽつぽつ結婚し始めた頃で
いい人ならお見合いもいいかなと思ったけど、
釣書を見たら坊ちゃん大学医学部出身の勤務医で実家は開業医。30代半ば。次男。
(そのおばあちゃんはお医者様の奥様で、連れて来た生徒さんは長男の子供)
これはあかん!これはあかん!と逃げた。
だって私、しがない専門学校卒だし、実家は店を畳むか続けるか
迷ってるような自転車屋だし、弟はまぁ一応公務員だけど
とてもとてもお医者様一家と釣り合うとは思えない。

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

183: 名無しさん@おーぷん 2014/09/25(木)18:36:49 ID:???
主婦Aです。
息子が同性愛者だった。
しかも夫はとっくに知っていた。私だけ聞かされてなかった。

この記事の続きを読む >

 (16コメント)

750: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/08/29(水) 11:53:43.03 ID:Xzt+JeL30
復讐の中に、障害者に対する酷い行為が含まれていますので
嫌いな方はスルーしてください

中学に入ったばかりの頃仲良くなった同級生A子は、身体障害者だった。
障害といっても軽いもので、歩く時に少し足を引きずったり、喋る時にわずかに声が震える程度。
頭の良い、優しい子だった。
ところが、クラスの女王様気取りのB子とその腰ぎんちゃくC子が、A子をターゲットにして陰湿な虐めを始めた。
A子の歩き方や喋り方を真似してゲラゲラ笑ったり、A子が話してると馬鹿にしたり、虐めの内容はとても幼稚なものだったが、
とにかく1日中ネチネチ絡んでる。
見かねて、いい加減にしなよと止めたら、私のことも虐めてくるようになった。
私の容姿や、ちょっとした癖などを嘲笑ったり、聞こえるように悪口を言ってくる。
身体的な危害を加えられるわけじゃないし、スルーしておけばいいやと思ったけど、
多感な中学生にとっては、こんな幼稚な苛めでも毎日やられると結構精神的に堪える。
それを見ていた他の人たちも、A子をかばうと自分まで虐められると思ったらしく、A子から離れたり、便乗して虐めたりするんで
A子の周りには私をはじめごく数人の友人しか寄りつかなくなった。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

994: 名無しさん@おーぷん 2014/07/05(土)16:41:06 ID:???
もう20年ぐらい前の大学2年の時の話。
短く纏められなくてすまん。
当時俺は朝刊の配達のバイトをしてたんだが、
配達担当の中に、結構でかい一戸建てにひとりで住んでるばあさんがいた。
その人がバイト先の販売店の店主の知り合いで
店の方から気を付けてやってくれみたいなことは言われてた。
正直なにをどう気を付けたらいいのかその時はよく分からなかったけど、
ある日、いつものように配達に行ったら新聞受けの中に前日の朝刊と夕刊が入ったままだった。
普通に旅行でも行ってるのかなと思ったけど、そういえば・・・と店主の言葉を思い出して
背伸びして家の方を見てみたら、電気が一部屋点いていた。
それでインターホンを鳴らしてみたけど返答はない。
どうしようかなと思ったけど、緊急事態だったら早い方がいいハズだしと思って
灯りが点いてる部屋の方へ庭に入って行ったんだ。
窓から中を覗いたら奥の襖からばあさんが倒れた足が見えた。
それで慌てて派出所まで走って(当時携帯は持ってなかった)お巡りさん呼びに行った。
それからなんか大騒ぎになって、細かいことは覚えてないけど
何故か救急車に同乗して病院に行くことになった。
ばあさん、階段から落ちて足を骨折して動けなくなって
電話までも遠くて痛くて這っていけなくて、
そのままの姿勢で飲まず食わずでいたらしいんだよ。
なんかそれ聞いて、俺にも田舎にばあちゃんがいるから泣けそうだった。つづく

この記事の続きを読む >

 (29コメント)

935: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/22(火) 10:07:24.59
投下無いようだから、自分の人生最大の修羅場を投下する。

元がつくけど、最初に結婚した人は、とにかく直情的だった。
もうカーッとなると、後先が考えられないタイプ。
でもお互いに譲り合って、相手を怒らせること自体があまり無かったから、
それなりに平和に暮らしていた。
それが変わったのが、俺の浮気妄想に嫁が取り憑かれた時。
原因は、仕事が修羅場すぎて帰れなかったことなんだけれど、3日間
「仕事が忙しくて帰れない。ごめん」というメールだけで連絡して、
電話もせずに帰れず、ようやく帰宅したら家中のガラスが割られてて、嫁がいなかった。 

この記事の続きを読む >